メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「家へ帰ろう」 味わい深い“光と影” /愛知

 スクリーンに娯楽大作が並ぶ年末年始に、地味ではあるが味わい深い人間ドラマをお勧めしたい。アルゼンチンとスペインの合作映画「家(うち)へ帰ろう」は、アトランタ、エルサレム、サンタバーバラなど世界各地の映画祭で称賛が相次いだ、ユダヤ人老父の人生最後の旅を描いたロードムービーだ。

 アルゼンチンに暮らす88歳の仕立屋アブラハムは、自分を施設に入れようとする娘たちから逃れ、スペイン、フランスを経てポーランドを目指す旅に出る。70年以上も会っていない親友に、自分が仕立てた“最後のスーツ”を届けるためだ。不自由な足を庇(かば)いながら遠い昔の約束を果たそうとするアブラハムは、決して「ドイツ」や「ポーランド」という言葉を発しない。そして、パリから列車でドイツを通らずに進めないかと画策するが……。

 この映画は、単なる重厚な感動作ではない。冒頭、集合写真に写りたがらない孫娘を、アブラハムがお金で買…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文987文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです