メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

32億円損賠提訴 創業家関連、前会長ら寄付横流し 告発は見送り

 スルガ銀行(静岡県沼津市)は27日、創業家関連企業向け融資を巡る不正で銀行に損害を与えたとして、岡野光喜前会長ら旧経営陣5人に総額32億円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたと発表した。外部の弁護士らで作る調査委員会が同日公表した報告書は、関連企業の負債の返済に充てるため、スルガ銀に岡野氏が代表理事を務める美術館への多額の寄付をさせるなどの不正行為を認め、岡野氏と実弟の喜之助元副社長(故人)らの責任を明確にした。(3面にクローズアップ、4面にスルガ銀社長一問一答)

 提訴の対象は、光喜氏と喜之助氏、白井稔彦前専務、望月和也前専務、八木健取締役(審査担当)の5人。シ…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです