メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 「無党派」の台頭

インタビューに答える、東国原英夫・元宮崎県知事=宮本明登撮影

 特定の支持政党を持たない「無党派層」=ことば=が平成時代の政治を揺さぶってきた。1995年の統一地方選では東京都で青島幸男知事、大阪府で横山ノック知事が誕生。2000年代に入っても、宮崎県など全国各地で既成政治を批判する無党派系首長を生んだ。近年の世論調査で無党派層は4割を超え、「最大勢力」として国政選挙でも投票行動が注目を集めている。既成の政党や組織を離れ、多様化する有権者はどこに向かうのか。【聞き手・中村篤志】

この記事は有料記事です。

残り3705文字(全文3915文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです