メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 激変する葬儀と墓 最後は「お互いさま」で=滝野隆浩(東京社会部)

故人の好きな言葉が刻まれた新潟市の合葬式共同墓「安穏廟(あんのんびょう)」

 白い厚紙の裏につづられた鉛筆書きの文字を目にしたとき、私は息をのんだ。

 <私し死亡の時 十五万円で火そう 無いん仏にしてもらいせんか 私を引取る人がいません>

 神奈川県横須賀市内のアパートで3年前、70代後半の男性がこたつの中で亡くなっているのが見つかった。しばらくして部屋に入った福祉担当者が、文机の中の箱の中で厚紙をみつけた。がん末期だった。箱の中に、数週間前の東北の地方紙が一緒にあった。自分の死後を託す故郷の縁者を訪ねたか。だが、見つからなかったのだろう。そうして福祉係宛てに、虎の子の預金15万円で「無縁仏」にしてほしいと依頼していた……。

<私を引き取る人がいない> これほど深い絶望の言葉を、私は知らない。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです