メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 激変する葬儀と墓 最後は「お互いさま」で=滝野隆浩(東京社会部)

故人の好きな言葉が刻まれた新潟市の合葬式共同墓「安穏廟(あんのんびょう)」

 白い厚紙の裏につづられた鉛筆書きの文字を目にしたとき、私は息をのんだ。

 <私し死亡の時 十五万円で火そう 無いん仏にしてもらいせんか 私を引取る人がいません>

 神奈川県横須賀市内のアパートで3年前、70代後半の男性がこたつの中で亡くなっているのが見つかった。しばらくして部屋に入った福祉担当者が、文机の中の箱の中で厚紙をみつけた。がん末期だった。箱の中に、数週間前の東北の地方紙が一緒にあった。自分の死後を託す故郷の縁者を訪ねたか。だが、見つからなかったのだろう。そうして福祉係宛てに、虎の子の預金15万円で「無縁仏」にしてほしいと依頼していた……。

<私を引き取る人がいない> これほど深い絶望の言葉を、私は知らない。

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文2024文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです