メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

AI産業育成躍起 中国ITへ若者流出の懸念 560億円投入、米企業と研究協力

「AIロボティクスハブ」で産業用ロボットについて説明する劉伯彦さん=台中市で

 台湾の蔡英文政権は、人工知能(AI)などの分野を新たな基幹産業に育てようと取り組んでいる。中国で電子商取引(EC)大手の「アリババグループ」やIT大手、騰訊控股(テンセント)などIT巨大企業が育ち、半導体など電子部品製造に強みを見せてきた台湾に「出遅れ感」が出ていることが背景にある。中国企業への就職熱が高まる若年層を引き留めるためにも、新たな先端産業の育成が課題になっている。

 「台湾は製造業で成功したが、インターネットの分野でチャンスを逃した。アリババなどを見れば明らかだ」…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです