メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

セクハラ被害者に有罪 #MeToo逆行、司法に世論反発 恩赦嘆願10万人署名

「娘に胸を張れるよう諦めない」と話すバイク・ヌリル・マクヌンさん=インドネシア・ロンボク島の自宅で

 インドネシア最高裁は9月末、公立高校で校長からセクハラ被害を受けた事務職員の女性(40)に対し、女性が証拠として録音した会話内容を拡散させたのは情報電子取引法(ITE法)違反にあたるとして、禁錮6月、罰金5億ルピア(約400万円)を命じた。一方、地元警察は女性によるセクハラ被害の申し立てについては受理を保留。セクハラ被害者が声を上げるのを後押しする「#MeToo」運動に逆行する司法判断に反発の声が高まっている。【インドネシア中部マタラム市で武内彩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです