メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

イラク訪問 滞在3時間 撤収「全く計画ない」

予告なしにイラクを訪れて駐留米軍を激励するトランプ米大統領(中央)とメラニア夫人=バクダッド西方のアサド空軍基地で2018年12月26日、AP

 【ワシントン古本陽荘】トランプ米大統領は26日、駐留米軍部隊を視察するためイラクを予告なしに訪問した。シリアからの米軍撤収などへの批判をかわすことが目的とみられる。滞在は約3時間で、イラク高官との会談は行われなかった。

 トランプ氏が戦地の米軍部隊を激励するために訪問するのは就任後初めて。訪れたバグダッド西方のアサド空軍基地で、記者団にイラクからも撤収するか問われ「全く計画はない」と即答した。「シリアで何かする必要が生じれば、ここ(イラク)を拠点として使うことが可能だ」と述べ、過激派組織「イスラム国」(IS)の残存勢力への対処が必要な場合…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです