メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

徴兵回避、虚偽診断か ベトナム戦争中

 【ワシントン共同】26日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領が1960年代のベトナム戦争中に徴兵免除の理由となったかかとの骨の損傷について、トランプ氏の父親が便宜を図っていた脚の専門医が虚偽診断を出していた可能性があると報じた。医師は既に死亡しているが、娘らが「情実による行為だった」と証言した。

 虚偽の理由で徴兵を逃れていたとすれば批判は必至だ。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです