メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
勝負の年

上州路からMGCへ/中 視線の先は「世界」 井上大仁(25)=MHPS

九州実業団毎日駅伝で力走するMHPSの井上=上入来尚撮影

井上大仁(ひろと)

 8月のジャカルタ・アジア大会のマラソンではラストで競り勝ち、日本勢32年ぶりの金メダルを獲得した。自己記録は日本歴代5位の2時間6分54秒。今、実業団で最も安定感と勝負強さを兼ね備えるランナーだ。

 常に「世界」だけを意識してきた。象徴的なシーンが6月の日本選手権1万メートル。他選手がけん制してスローペースになると、果敢に集団を引っ張った。「目指すはマラソンの世界レベル。今、何をすべきか考えた」。芯は決して、ぶれない。

 原点は地元の長崎・鎮西学院高時代にあった。入学直後、入江初舟監督から「目標記入用紙」を渡されると、…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文855文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  3. 日韓外相会談 主張平行線か 徴用工、輸出規制など協議 北京で

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです