メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

都会に暮らす 海浜ニュータウンから/4 外国人との共生模索

団地の餅つき大会で、つきたての餅をもらう住民の中国人家族たち(手前)=千葉市美浜区で2018年12月9日、玉城達郎撮影

 「好吃(ハオチー)」「おいしい」。千葉市美浜区の海浜ニュータウンにある高浜1丁目地区の市営団地。今月9日、集会所前の空き地で催された年末恒例の餅つき大会は、中国語と日本語が入り交じった。

 餅のつき手は日本人ばかり。「若い人に担ってほしいけれど、なかなか……」。主催した自治会の岡田保会長(68)は言葉を濁した。

 美浜区で暮らす外国人住民は人口約14万8000人の4・5%に当たる約6700人(2017年末時点)…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです