メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

都会に暮らす 海浜ニュータウンから/4 外国人との共生模索

団地の餅つき大会で、つきたての餅をもらう住民の中国人家族たち(手前)=千葉市美浜区で2018年12月9日、玉城達郎撮影

 「好吃(ハオチー)」「おいしい」。千葉市美浜区の海浜ニュータウンにある高浜1丁目地区の市営団地。今月9日、集会所前の空き地で催された年末恒例の餅つき大会は、中国語と日本語が入り交じった。

 餅のつき手は日本人ばかり。「若い人に担ってほしいけれど、なかなか……」。主催した自治会の岡田保会長(68)は言葉を濁した。

 美浜区で暮らす外国人住民は人口約14万8000人の4・5%に当たる約6700人(2017年末時点)…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです