橋下前大阪市長と松井大阪府知事が菅官房長官と会食3時間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)と橋下徹前代表(前大阪市長)は28日夜、東京都内で菅義偉官房長官と約3時間にわたって会食した。松井氏は大阪都構想の住民投票実施時期を巡って公明党と対立し、任期途中に大阪市長とともに辞職してダブル選の前倒しに踏み切る構えだが、今後の対応を相談した可能性がある。菅氏は公明の支持母体の創価学会と太いパイプがあるとされ、臆測を呼びそうだ。

 2013年以降、14年をのぞき参加していた安倍晋三首相は欠席した。首相は自民党総裁選を前にした4月、党大阪府連との会合で、維新の看板政策について「反対」と発言。来年は統一地方選や参院選を控えていることもあり、維新と激しく対立する府連の要望を受け入れたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文920文字)

あわせて読みたい

注目の特集