メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レーダー照射 防衛当局の協議で韓国かたくな「証拠を突き付けるしか」

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、防衛省が哨戒機から撮影した動画を公開した。自衛隊機が危険な飛行をしたなどとする韓国側の主張を突き崩すのが目的だが、探知したレーダー波のデータなどは示しておらず、証拠としては不十分との声も上がる。韓国側は動画公表後も照射を否定する態度を変えておらず、今後の協議の行方は見通せない。元徴用工問題などで冷え込む日韓関係のさらなる悪化は避けられそうにない状況だ。

 防衛省が28日に公開した13分7秒の動画は海上に並ぶ韓国海軍の駆逐艦と韓国海洋警察庁の警備救難艦に、警戒監視中の海上自衛隊のP1哨戒機が接近する場面から始まる。

 動画では救難艦の左にボートが2隻下ろされて、北朝鮮の漁船とみられる小型船に近づいている様子が確認でき、すでに遭難した漁船を確認して救助中とみられる。波は1メートル程度で視界も約20キロと良好。韓国メディアは当初「漁船を迅速に探すため」にレーダーを照射していた可能性を報じたが、岩屋毅防衛相は28日の記者会見で「全てのレーダーを展開するという必要はなかったのではないか」と疑問を投げかけた。

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文2118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. 官邸、14年改選時にも学術会議に説明要求 「介入の伏線だったかも」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです