レーダー照射 防衛当局の協議で韓国かたくな「証拠を突き付けるしか」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、防衛省が哨戒機から撮影した動画を公開した。自衛隊機が危険な飛行をしたなどとする韓国側の主張を突き崩すのが目的だが、探知したレーダー波のデータなどは示しておらず、証拠としては不十分との声も上がる。韓国側は動画公表後も照射を否定する態度を変えておらず、今後の協議の行方は見通せない。元徴用工問題などで冷え込む日韓関係のさらなる悪化は避けられそうにない状況だ。

この記事は有料記事です。

残り1904文字(全文2118文字)

あわせて読みたい

注目の特集