井筒屋黒崎店のテナント残留へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来年5月に閉店する予定の百貨店、井筒屋黒崎店(北九州市八幡西区)が入居するJR黒崎駅前の商業ビルを巡り、井筒屋が1~3階に残留する案を検討していることが関係者への取材で分かった。ビル運営会社は井筒屋が残留しない場合でも店内のテナントが希望すれば残留させる方向で検討している。後継テナントの誘致交渉が難航しており、家賃収入を確保するための当面の措置として既存テナントとの交渉を進める…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集