メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位を踏まえ「衣紋道山科流」が生前継承

衣冠姿で儀式に臨む山科言和さん(右)=京都市右京区の春日神社で2018年12月27日午前、山科家提供

 宮廷装束の着付けを伝える「衣紋道(えもんどう)山科流」(京都市)の28世宗家で、旧公家の山科家当主、言泰(ときひろ)さん(93)が高齢のため退任し、長男言和(ときかず)さん(60)が29世宗家を継承した。27日に祖先・藤原氏ゆかりの「春日神社」(同市右京区)で氏神に就任を伝える儀式があり、言和さんの長男言親(ときちか)さん(23)も出席した。

 明治以降で宗家の生前継承はなかったが、天皇陛下の退位を踏まえて準備を進めた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです