メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レコード大賞60年

酒井政利さん(音楽プロデューサー) 還暦を迎える"器"にふさわしい楽曲を

音楽プロデューサーの酒井政利さん=東京都千代田区で2018年12月5日、根岸基弘撮影

 山口百恵やキャンディーズらを育て、数多くのヒット曲を生んできた音楽プロデューサーの酒井政利さん(83)。テレビのコメンテーターとしてもおなじみで、現在は日本レコード大賞の審査委員を務めている。制作者としての経験を踏まえ、レコード大賞のこれまでと今後について聞いた。【井上知大】

 ――酒井さんにとって日本レコード大賞とはどのようなものでしたか。

 酒井政利さん とても重々しいものでした。作品が競い合っていた。まるで火花が散るほど。1970年代の前後は、レコ大、そして紅白歌合戦に出るのが歌手の「王道」でした。

この記事は有料記事です。

残り6456文字(全文6710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです