メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給付型奨学金最大91万円 政府が基本方針 20年4月から支給 

給付型奨学金と授業料減免の年額

 政府は28日、教育無償化の関係閣僚会議を開き、新制度の基本方針をまとめた。高等教育の無償化で低所得世帯の学生を対象に支給する返済不要の給付型奨学金の額は、1人あたり最大で年間約91万円とした。2019年度に対象者を選定し、授業料の減免措置と併せて20年4月から支給を始める。新法案を19年の通常国会に提出し、関係法令の整備も進める。

 給付型奨学金は、国公立大などに自宅から通う学生は年間約35万円、自宅外から通う学生は約80万円。私立大や短大、専門学校は自宅生約46万円、自宅外生約91万円とした。寮生活の多い高等専門学校は生活実態に応じて大学生の5~7割程度を支給する。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです