メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

1冊のノート 鉄路で日本縦断 各地の中高生がつなぐ

中央の男性が持ってきたノートを、高校生の小椋将史さん(右から2人目)らが受け取り、JR岩国駅へ運ぶ=岡山市北区のJR岡山駅で2018年12月27日午後5時17分、林田奈々撮影

 ツイッターで知り合った全国各地の中高生の鉄道ファンらが、1冊のノートを北海道から鹿児島まで鉄道リレーで運ぶ企画に挑戦している。名付けて「#フォロワーでつなぐ鉄のみち」。デジタル全盛の中、手書きのノートを手渡しするというアナログな試みで、順調に行けば年明けにゴールする予定だ。

 企画に参加する鉄道ライターの櫛田泉さんによると、11月末にある鉄道ファンがツイッターで提案したのがきっかけ。瞬く間に他のファンに広がり、続々と参加希望者が名乗り出た。

 リレーの方法はこうだ。参加者はノートを持って鉄道に乗り、指定された目的地へ向かう。受け渡し場所は電…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文884文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです