メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田増便説明会 渋谷や品川を低空飛行 住民から不安の声

 国が2020年の実現に向け準備を進めている羽田空港(東京都大田区)の国際線増便で、新ルート案の住民説明会が本格化している。増便の障壁となっているのが東京湾上空の“混雑”。国は海側ではなく陸側(北西)から着陸するルートを示しているが、渋谷区や品川区などの都心部を高度600メートル以下で低空飛行する計画に地元住民から不安の声が上がっている。

 国は15年7月から住民説明会をスタート。今月~来年2月には31カ所で計36回の「オープンハウス型」説明会を開催する予定だ。オープンハウス型は、各会場にパネルを設置し、訪れた住民に職員が個別説明する形態。国土交通省は「よりきめ細かい対応ができる」として今回の増便説明会の主軸としている。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです