メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村萬斎さん 初のサラリーマン役 狂言のテンションで“闘う係長”

野村萬斎さん=竹内紀臣撮影

 野村萬斎さんがサラリーマン役? 意外に感じる人は多いだろうが、一番驚いたのは本人だった。

 「戦国武将や華道の家元、陰陽師(おんみょうじ)など、いろいろな役を経験しましたが、実はサラリーマン役は初めてなんです」

 2月1日公開の映画「七つの会議」(福沢克雄監督)で主人公の万年係長、八角民夫を演じる。会議では居眠りばかりだが、威張る上司には堂々とたてつき、休暇はしっかり取る。会社にとっては厄介な社員だ。

 「狂言や時代劇のようなテンションが、現代劇でどこまで許されるのか。最初は恐る恐るやっていたのですが…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1390文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです