特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

藤井聡太七段 新年の目標は「進歩」 スマホ購入、将棋ソフトで検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤井聡太七段=丸山博撮影
藤井聡太七段=丸山博撮影

 2016年10月に将棋のプロ棋士になり、一昨年は前人未到の29連勝を樹立した高校1年生の藤井聡太七段(16)。昨年も活躍は続き、1月には四段だった段位も、驚異のスピードで昇段を重ねて今では七段。年末には最年少・最速・最高勝率で公式戦100勝を達成した藤井七段に近況や抱負を聞いた。【丸山進】

出来ばえは70点

 ――昨年はどんな年でしたか。

 藤井 一昨年の連勝の後は、結果・内容ともに良いとは言えない時期が続いたので、昨年は地力を付けて活躍できるようにと思っていました。朝日杯と新人王戦で優勝することができましたが、竜王戦や王座戦は残念ながら敗れてしまい、実力はまだ足りません。王座戦は準決勝まで進みましたが、まだ二つあったので、挑戦は意識しませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1718文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集