メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

日本の今年の猛暑、温暖化なければ起こる確率0%だった 気象研究所などが分析

気温が上昇し逃げ水現象が見られた名古屋市内=2018年8月3日、兵藤公治撮影

 気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームは、日本の今年の猛暑は地球温暖化の影響がなければ、ほぼ起こらなかったとする分析結果をまとめた。

 温暖化が進むと、熱波や豪雨などの異常気象が増加すると予測され、個々の異常気象に温暖化がどう影響しているか分析する研究が進んでいる。研究では、温暖化が進む実際の地球と、温暖化が起こっていない架空の地球の気温などをスーパーコンピューターで再現して比較する。

 研究チームは今回、温暖化なしのケースでは温暖化の原因となる二酸化炭素の濃度や海面水温などを産業革命前のデータを使って計算。日本で今年のような高温が発生する確率を比較した。温暖化ありのケースでは今年以上の高温は19.9%の確率で発生したが、温暖化なしではほぼ0%だった。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです