メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語、民間検定試験の活用方法 未定の大学が36校 20年度からの新入試で

82国立大学の英語民間資格・検定試験の使い方

 2020年度に始まる新しい大学入学共通テストの英語で導入される民間資格・検定試験について、全国の国立大82校の4割超にあたる36校が活用方法を決めていないことが、毎日新聞の調査で明らかになった。現行の大学入試センター試験に代わる共通テストは、現在の高校1年生から対象になる。志望校選びを前に、大学側の対応が遅れている実態が浮き彫りになった。

 調査は11~12月、82校に文書を送付して英検やTOEICなどの英語の民間試験の活用方法が決まって…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです