メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国初の「大型福祉仮設住宅」厚真町と安平町に 北海道地震 

完成した大型の福祉仮設住宅で寝たまま入浴できる設備を視察し、福祉団体職員と話す北海道厚真町の宮坂尚市朗町長(左)=同町新町で2018年12月28日10時37分26秒、福島英博撮影

 最大震度7を観測した9月の北海道胆振(いぶり)東部地震で大きな被害を受けた厚真町と安平町に、道の「大型福祉仮設住宅」がそれぞれ完成し、28日、両町に引き渡された。分散避難していた両町の特別養護老人ホームなどの全入居者計144人が1月中旬に生活を始める。福祉施設の機能も一体化した大型施設は全国初。

 国、道が半分ずつ負担し、建設に約24億円の予算を計上した。いずれも施設内はバリアフリーの平屋建てで、車いすやストレッチャーで移動できる。

 厚真町の施設は面積約3600平方メートルで、札幌市など道内8カ所に分散していた特別養護老人ホームと…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです