融資の条件に社会保険 「加入逃れ」阻止狙う 政策金融公庫と沖縄金融公庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中小零細企業への融資を主業務とする日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫は来年度から、厚生年金など社会保険への加入手続きを融資の条件とする。社会保険に加入すると企業負担が生じるため、従業員の加入手続きを取らない「加入逃れ」をする中小零細企業は多い。加入逃れ防止のために厚生労働省が財務省を通じ両公庫に対策を求めていた。

 対象の融資は、雇用創出を後押しする「地域活性化・雇用促進資金」と、非正規職員の処遇改善への取り組みを支援する「働き方改革推進支援資金」。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文732文字)

あわせて読みたい

注目の特集