メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「名古屋国際学園」生徒急増、校舎増築が急務 中部唯一のインターナショナルスクール

グラウンド脇の用具庫を改築した小さな教室で授業を受ける生徒ら=名古屋市守山区で2018年12月10日、斎川瞳撮影

 中部地方唯一の小中高一貫のインターナショナルスクール「名古屋国際学園」(NIS、名古屋市守山区)の児童・生徒が急増し、校舎がパンク状態に陥っている。背景に自動車や航空機産業を中心とした海外人材の積極登用があり、校舎増築に迫られている。「中部経済の発展に必要不可欠な社会基盤だ」として地元経済界も支援に乗り出した。【斎川瞳】

 現在、NISには37国籍の幼稚園~高校の児童・生徒約490人が通う。定員限度の350人を大きく超過…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです