メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞めたいのに言い出せない 「退職代行」サービス広がる 弁護士が違法性指摘する理由は

利用者と連絡する退職代行業者「EXIT」の社員ら=東京都新宿区で21日午後3時14分、遠藤浩二撮影

 仕事を辞めたいのに言い出せない人に代わり、会社側に意思を伝える「退職代行」と呼ばれる新しい有料サービスが人気を集めている。今夏からインターネットで急速に広まり、ブラック企業やパワハラに悩む若者らが利用。業者は30ほどに増えているが、弁護士らは「無資格で法律業務を行う非弁活動に当たる」と反発している。

 「あまりにすんなり辞められて驚いた」。関東地方の介護施設で正社員として働いていた男性(30代)は、退職代行を利用して今年11月末に会社を辞めた。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです