メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森保監督「常に成長曲線の中に」 アジア杯5日開幕

2019年の目標を手に笑顔を見せるサッカー日本代表の森保一監督=東京都文京区で昨年12月、藤井達也撮影

 サッカー日本代表は森保一監督就任後初の公式大会となるアジアカップ(1月5日~2月1日、アラブ首長国連邦)に挑む。2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会に向けた出発点となる。前回15年は8強止まりで、2大会ぶり5度目のアジア王座奪還を目指す。

 森保監督は23歳以下を基本とする20年東京五輪の男子代表監督も兼任しており、両チームを並行して強化する重責を担う。チーム作りを加速させる新年への意気込みを聞いた。【構成・大島祥平】

 ――東京五輪代表監督に加え、昨年はフル代表の監督にも就かれました。忙しさが増しましたか。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1192文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです