メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境

なでしこ高倉監督「前の世代を超えたい」 6月W杯 新戦力に自信

女子W杯2011年ドイツ大会の優勝トロフィー(左)のそばに立ち、19年大会に向けて意気込む高倉麻子監督=東京都の日本サッカーミュージアムで昨年11月、丸山博撮影

 サッカー女子のW杯フランス大会が6月に開幕する。女子日本代表(なでしこジャパン)は初優勝した2011年ドイツ大会、準優勝の15年カナダ大会と2大会連続で決勝に進出しており、3大会連続で決勝に進めば史上初。

 高倉麻子監督は「前の世代を超えたい、超えないといけない大きなプレッシャーもある。東京五輪も控えており、皆さんが期待できる内容と結果を残したい」と語る。

 16年のリオデジャネイロ五輪の出場権を逃した後、高倉監督が就任した。2年半で50人以上の選手を招集…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 神村学園伊賀分校女子サッカー部 創部1年で新人大会優勝 /三重
  3. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  5. 写真、職歴、家族、出身校・・・ 辺野古反対派市民の情報ズラリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです