メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラリンピック 「金」なしリオの雪辱へ 飛躍期す団体球技

シッティングバレーボールの日本選手権でプレーする波田みか=東京都武蔵野市で昨年12月、和田大典撮影

 東京パラリンピックは来年8月に開幕が迫った。22競技540種目に史上最多4400人が出場を予定しており、日本は金メダルなしに終わったリオデジャネイロ大会の雪辱を期す。

 中でも団体球技は選手団のムードを一気に活性化させる力がある。過去の団体球技の金メダルは、2012年ロンドン大会のゴールボール女子だけで、東京大会での飛躍が期待される

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです