メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

79大会ぶり出場の重圧乗り越え勝利 早実、名護に快勝

【早稲田実-名護】前半、早稲田実がスクラムからパスをつなぎ、今駒がタックルをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月28日、大西岳彦撮影

 ○早稲田実(東京第一)55-3名護(沖縄)●(1回戦・28日)

 早稲田実の主将、NO8相良はチーム初トライを含む計3トライを挙げて相手を突き放しても、最後まで表情を緩めなかった。79大会ぶり出場の重圧を乗り越えて勝つには、一瞬たりとも気を抜くことは許されない。「この1勝で自分たちが花園に来た証しを残せた」。試合後に、ようやく笑みがこぼれた。

 自らのプレーでチームの硬さを取り除いた。3点を追う前半10分、相手ゴールまで約30メートルのところ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです