メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

79大会ぶり出場の重圧乗り越え勝利 早実、名護に快勝

【早稲田実-名護】前半、早稲田実がスクラムからパスをつなぎ、今駒がタックルをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月28日、大西岳彦撮影

 ○早稲田実(東京第一)55-3名護(沖縄)●(1回戦・28日)

 早稲田実の主将、NO8相良はチーム初トライを含む計3トライを挙げて相手を突き放しても、最後まで表情を緩めなかった。79大会ぶり出場の重圧を乗り越えて勝つには、一瞬たりとも気を抜くことは許されない。「この1勝で自分たちが花園に来た証しを残せた」。試合後に、ようやく笑みがこぼれた。

 自らのプレーでチームの硬さを取り除いた。3点を追う前半10分、相手ゴールまで約30メートルのところ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです