79大会ぶり出場の重圧乗り越え勝利 早実、名護に快勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【早稲田実-名護】前半、早稲田実がスクラムからパスをつなぎ、今駒がタックルをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月28日、大西岳彦撮影
【早稲田実-名護】前半、早稲田実がスクラムからパスをつなぎ、今駒がタックルをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月28日、大西岳彦撮影

 ○早稲田実(東京第一)55-3名護(沖縄)●(1回戦・28日)

 早稲田実の主将、NO8相良はチーム初トライを含む計3トライを挙げて相手を突き放しても、最後まで表情を緩めなかった。79大会ぶり出場の重圧を乗り越えて勝つには、一瞬たりとも気を抜くことは許されない。「この1勝で自分たちが花園に来た証しを残せた」。試合後に、ようやく笑みがこぼれた。

 自らのプレーでチームの硬さを取り除いた。3点を追う前半10分、相手ゴールまで約30メートルのところでCTB植野のタックルが決まった。倒れた相手に2人の味方が素早く絡みボールを奪取するとゴール前10メートルまで進み、最後は相良が左隅に飛び込んだ。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集