メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

演芸笑芸2018年(上) 次代につなげた「平成」の終わり

ダウンタウン=1990年1月撮影

 マスコミの「平成最後の……」のマクラに飽きた年末。昭和に比べると「元号離れ」で、平成はあまりピンとこないままだったが、でも、あえて「この30年」というくくりで演芸、笑芸を手短に振り返れば、「落語、そして漫才という、かつて娯楽の王様だったエンタメが、衰退の危機もあったが、新しい発想、新しい人材を生み出すことで、現代のエンタメとして、次代につなぐことができた」30年だった。

 1980年代初めの「漫才ブーム」で、従来の師弟関係では人材が育たないと考えた吉本興業は新人養成スクール「NSC」を開校。その1期生で、関西でブレーク後の89(平成元)年に本格的に東京進出したのがダウンタウンだった。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1106文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです