メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

演芸笑芸2018年(下) 国会議員も落語にハマった

落語議連設立総会を終え写真撮影に並ぶ(左から)宮田亮平文化庁長官、桂米団治さん、三遊亭円楽さん、春風亭昇太さん、小泉進次郎衆院議員、遠藤利明議連会長、宮内秀樹衆院議員、柳家さん喬さん、立川談四楼さん、山谷えり子参院議員

 落語界は40~50代の、この世界ではようやく若手から中堅と呼ばれる世代の活躍、そしてテレビでの落語の露出がより目立った。

 柳家喬太郎は硬軟、古典、新作を問わず、寄席を中心にフル回転の1年だった。若手ユニットとしてSWA(創作話芸アソシエーション)を組んでいた喬太郎、春風亭昇太、林家彦いち、三遊亭白鳥、そして次の世代の柳家三三(さんざ)、古今亭菊之丞、桃月庵(とうげつあん)白酒、春風亭一之輔らが、今では寄席のトリとして中心的存在に成長したのがうれしい。いずれも寄席をきちんと務め、さらに地方公演にも力を入れている。

 三遊亭円楽プロデュースの博多・天神落語まつりは、東西落語界の結束を確認する大イベントに成長した。今年はその中で「日本落語協会準備会」という会も開かれ、東西5派の幹部が並んだ。円楽の夢は具現化しつつある。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1431文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです