メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

純粋に音楽を楽しむ 大阪音楽大・岡原慎也さん

大阪音楽大の岡原慎也教授

[PR]

 11月から来年3月にかけて大阪、東京、福岡で開催中の「大人のピアノカーニバル」を発案した。ピアノの演奏会だが、参加資格は「40歳以上」ということだけ。初心者でも大人になってから始めた人でもOK。まさにカーニバル(お祭り)だ。「純粋に音楽を楽しめる場を」という思いをずっと持っていた。実行のきっかけになったのが2016年12月、学内で脳出血で倒れたこと。「九死に一生を得たのは『思っていたことをやれ』という天からのメッセージ」と受け止めた。会場やスポンサーの確保、出演者募集とイベント実現に奔走した。

     11月に開催した大阪と東京の会場には計約140人(組)が出場。今月16日に福岡市のヤマハ西新センターで開いた福岡大会には約50組が出場した。表現力や「演奏を楽しんでいるかどうか」という面で評価して来年3月29、30日の全国大会出場者を決める。

     最高齢は81歳。20年のブランクを経て再開した人も。「40歳になったら人生も半ば。勉強も大切だけど文字通り音を楽しんで」とエールを送る。しかし「若いころは競い合い努力することで自身を高めることも必要」という教育者としての思いも。大学で掲げる教育方針は「楽しく厳しく」だ。【関野正】


    人物略歴 おかはら・しんや

     1954年生まれ、福岡県出身。東京芸術大音楽学部卒業。2002年から大阪音大教授。同大大学院音楽研究科長。ピアニスト、指揮者。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

    3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

    4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

    5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです