連載

アンコール

あの感動の調べをもう一度。注目公演の模様を鑑賞の達人がライブ感たっぷりに再現します。

連載一覧

アンコール

ノット&東響の「フィガロの結婚」 ダ・ポンテ三部作がついに完結

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノット(指揮)とマルクス・ヴェルバ(フィガロ) 撮影:池上直哉 提供:東京交響楽団
ノット(指揮)とマルクス・ヴェルバ(フィガロ) 撮影:池上直哉 提供:東京交響楽団

 ジョナサン・ノット&東京交響楽団がモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」を演奏会形式で上演した(12月7日ミューザ川崎シンフォニーホール、9日サントリーホール、取材は9日)。東響が音楽監督ノットとともに2016年の「コジ・ファン・トゥッテ」から1年に1作ずつ取り上げてきたモーツァルトのダ・ポンテ三部作が今回の「フィガロの結婚」で完結されたのである。

 この三部作では、国際的に活躍する歌手たちが招聘(しょうへい)され、舞台セットは組まないものの、歌手は演技をしながら歌唱する。演奏会形式と題されているが、実質的にはセミ・ステージ形式での上演だった(「コジ・ファン・トゥッテ」の時はドン・アルフォンソ役のトーマス・アレンが演出を担当した)。ノット自身がハンマーフリューゲルを演奏し、指揮者、歌手、オーケストラ、鍵盤楽器が同じ平面でパフォーマンスを繰り広…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2129文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る