メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

朝明、熱戦あと一歩 先制、後半の粘り及ばず /三重

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦があり、7年連続9回目出場の県代表、朝明(四日市市)は八幡工(滋賀)に12-14で初戦敗退した。

 八幡工の強力FWを突破できず苦戦。勝ち越された後半、スピード感のあるパスつなぎでフルバックのトゥーリング・マーク(3年)がトライをするもゴールキックが決まらず、2年ぶりの初戦突破はならなかった。

 朝明は前半21分、右ラインアウトからモールを押し込み、PR中谷が右中間に持ち込み先制トライ。八幡工は前半終了間際の30分、連続攻撃からトライを挙げて、同点に追いついた。

 後半は八幡工の強力FWが地力を発揮。後半21分には朝明のディフェンスが甘くなった左を突いてトライを挙げた。粘る朝明は同27分、ゴールライン手前で4人でパスをつなぎ、FBトゥーリングが左隅にトライ。2点差に迫るもゴールキックが決まらなかった。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです