メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事納め

官公庁や企業で 知事「天候に悩まされた」 /京都

 官公庁や多くの企業は28日が仕事納めとなった。

 府庁では西脇隆俊知事が午前中に幹部職員を集めた会議であいさつし、午後は今年最後の記者会見に臨んだ。西脇知事は自身にとっての今年の漢字を問われ「天」を挙げた。

 理由を「台風や豪雨が相次ぎ、酷暑は災害級の天候で、天に悩まされた1年だった。天の本来の意味として、困難を乗り越えれば青空が待っているというのがあるし、来年はそういう1年にしたい」と話した。

 府が選ぶ今年の10大ニュースとして、1位「度重なる災害で甚大な被害が発生」、2位「西脇府政がスター…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです