メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事納め

迎春準備、着々 県庁などで /和歌山

しめ縄が飾り付けられた和歌山城天守閣二の門と紀州犬の皐月(右)、絢芽=和歌山市で、阿部弘賢撮影

 今年も残りわずかとなり、官公庁などでは28日、仕事納めがあった。和歌山城(和歌山市)では正月の飾り付けが行われ、県内各地は迎春の準備に追われた。

来年も待ってるワン

 県庁では、仁坂吉伸知事が幹部職員約140人を前に訓示した。台風など多くの災害に見舞われたことに触れ、「それぞれの部署が一生懸命にやった仕事が少しずつ実を結んで県を上昇させている気がする。皆さんの今年一年の頑張りを心からねぎらいたい」と述べた。

 和歌山城では、天守閣二の門に、長さ約1・4メートル、重さ約7キロのしめ縄が飾り付けられた。和歌山市…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです