メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仕事納め

平成最後 県内官公庁、来年に向け気持ち新たに /佐賀

 県内の多くの官公庁が28日、平成最後の仕事納めを迎えた。課題が山積する自治体では、職員らが来年に向けて気持ちを新たにした。【松尾雅也、満島史朗、関東晋慈】

佐賀市

 佐賀市は市議会に説明せずに実施した旧富士小体育館の改修問題で、市議会総務委員会の調査が続く中での年越しとなった。

 秀島敏行市長は、改修を主導した畑瀬信芳副市長らと共に本庁舎の各階を回り、「皆さんにとっては割り切れない思いがあると思う。最高責任者として不徳の致すところ。申し訳ございませんでした」と頭を下げた。また、「新しい年になって一歩一歩信頼回復のために頑張っていかなければならない。気の緩み、水のよどみを感じると指摘されることもある。原点に…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです