中国

衛星打ち上げ数、世界一に 18年39回、米抜く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・浦松丈二】中国は29日、中国版全地球測位システム(GPS)「北斗」の精度を上げる地球規模の衛星通信ネットワーク「鴻雁(こうがん)星座」計画初の試験衛星を、運搬ロケット「長征2号D」で打ち上げる。予定通り実施されれば、1年間の衛星打ち上げ回数は昨年の18回から大幅に増えて39回となる。宇宙分野での米中覇権争いが注目される…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集