メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政権7年目

/下 正念場の総決算外交 北方領土、前進なるか

安倍外交の相関関係

 2019年度予算案の閣議決定を終えた安倍晋三首相は21日昼、首相官邸で鈴木宗男元衆院議員と向き合っていた。北方領土問題に長く携わってきた鈴木氏と官邸で会うのは9月以降だけでも6回目。首相は「大事な時期に入ってきた。来年1月の訪露で交渉をとにかく前進させたい」と力を込めた。

 11月のシンガポールでの日露首脳会談を契機に、平和条約締結交渉が大きく動く可能性が出てきた。「戦後日本外交の総決算」を掲げる首相は、政権の遺産(レガシー)として北方領土問題の解決を目指す。今後は歯舞、色丹両島の返還と国後、択捉両島での共同経済活動などを組み合わせた「2島返還プラスアルファ」を交渉の軸に据える構えだ。

 12年12月の第2次内閣発足当初、首相は慎重だった。「平和条約を結んでいない国はロシアぐらいしかな…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1379文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 不適切動画 すき家店員「くびかくご」店内で氷投げ
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです