メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

転換、テロ増幅の懸念 トランプ流、世界動揺

反政府勢力と治安部隊の衝突から走って逃れる人々=カブールで24日、AP

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は、過激派組織「イスラム国」(IS)と戦う米軍のシリアからの全面撤収や、旧支配勢力タリバンとの戦闘を続けるアフガニスタンでの兵力削減を相次いで表明した。ISの再興やタリバンの勢力拡大を招く可能性があり、欧州や中東など関係諸国は動揺を隠せない。突然の政策変更が、今後の対テロ戦の行方に影響を与えるのは必至だ。

この記事は有料記事です。

残り2206文字(全文2379文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです