メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たばこ

健康被害、警告文面積5割に 財務省方針、15年ぶり拡大

 財務省は28日、たばこの健康被害を強く呼び掛けるため、警告文の表示面積を現在の「主要な包装面の30%以上」から「50%以上」に拡大すると決めた。文言の種類を増やし、普及の進む加熱式たばこにも対応する。国際的な規制強化を意識し、一般的な商品は東京五輪開幕前の2020年4月1日の切り替えを求める。警告表示のルール変更は約15年ぶりとなる。

 国内のたばこには現在、病気のリスクなど8種類の警告文をローテーションで主要面に表示するよう義務付け…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです