メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

英語民間試験に及び腰 国立大4割「活用法未定」 「統一基準に疑問」も 82校毎日新聞調査

82国立大学の英語民間資格・検定試験の使い方

 2020年度に始まる新しい大学入学共通テストの英語で導入される民間資格・検定試験について、全国の国立大82校の4割超にあたる36校が活用方法を決めていないことが、毎日新聞の調査で明らかになった。現行の大学入試センター試験に代わる共通テストは、現在の高校1年生から対象になる。志望校選びを前に、大学側の対応が遅れている実態が浮き彫りになった。【金秀蓮、水戸健一】

 調査は11~12月、82校に文書を送付して英検やTOEICなどの英語の民間試験の活用方法が決まって…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです