メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

2日間無しで過ごせるか

スーパーで購入できたプラスチック包装されていない食材=東京都内で

 使い捨てプラスチックによる海洋汚染が問題になっている。環境省によると、国内で、ペットボトルや容器包装の家庭ごみにより、年間約407万トンのプラスチックが排出されている。リサイクルを進める傍ら、プラスチックごみの総量を減らすことが喫緊の課題だ。夫と2歳の長女がいる記者が、週末の2日間で“脱プラスチック”生活に挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り2381文字(全文2541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです