鉄道リレー

鉄路、ノートでつなぐ 中高生ファン、ツイッター駆使

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中央の男性が持ってきたノートを、高校生の小椋将史さん(右から2人目)らが受け取り、JR岩国駅へ運ぶ=岡山市北区のJR岡山駅で2018年12月27日、林田奈々撮影
中央の男性が持ってきたノートを、高校生の小椋将史さん(右から2人目)らが受け取り、JR岩国駅へ運ぶ=岡山市北区のJR岡山駅で2018年12月27日、林田奈々撮影

12月9日 札幌/12月27日 岡山/今このあたり/1月5日(予定) 鹿児島中央

 ツイッターで知り合った全国各地の中高生の鉄道ファンらが、1冊のノートを北海道から鹿児島まで鉄道リレーで運ぶ企画に挑戦している。名付けて「#フォロワーでつなぐ鉄のみち」。デジタル全盛の中、手書きのノートを手渡しするというアナログな試みで、順調に行けば年明けにゴールする予定だ。【林田奈々】

 企画に参加する鉄道ライターの櫛田泉さんによると、11月末にある鉄道ファンがツイッターで提案したのがきっかけ。瞬く間に他のファンに広がり、続々と参加希望者が名乗り出た。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文919文字)

あわせて読みたい

ニュース特集