メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

大分舞鶴26-21深谷 大分舞鶴、古豪の意地 冷静に逃げ切る

【大分舞鶴-深谷】前半、混戦から大分舞鶴・松島がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2018年12月28日、大西岳彦撮影

第2日(28日・東大阪市花園ラグビー場)

 苦しみながらも逃げ切った。大分舞鶴が古豪の意地を見せた。

 「理想的な(試合の)入りができた」と堀尾監督が絶賛したように、試合開始からペースを握り、前半22分までに4トライを重ねて26点差を付けた。だが、深谷の高いランニング能力の前に徐々にボールの制御を失い、前半終了間際に立て続けにトライを奪われた。後半24分にもトライを奪われ5点差に迫られたが、主将のロック佐々木は「焦りはなかった」という。最後は相…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです