メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
落語会

縁ある伊勢で定期寄席 来秋、新元号下でスタート 全国初、落語芸術協会と市が共催

 東京の落語家などで組織する落語芸術協会と三重県伊勢市は、数日間にわたる寄席形式の落語会「芸協らくごまつり 伊勢おかげ寄席」を同市内で毎年秋に開催することで合意した。知名度の高い観光地を落語の発信拠点にしたいと考える芸協と、新たな観光資源を求めていた同市の思惑が一致し、共催が実現する。

 江戸時代、伊勢神宮への参拝の旅は多くの庶民を魅了した一大レジャーだった。「お伊勢さん」を目指す道中の様子を面白おかしく描いた落語も多い。

 芸協と伊勢市は来年1月に協定を締結する。協定では、芸協側が落語会に加え「笑い」をテーマにした観光振…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです