メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語会

縁ある伊勢で定期寄席 来秋、新元号下でスタート 全国初、落語芸術協会と市が共催

 東京の落語家などで組織する落語芸術協会と三重県伊勢市は、数日間にわたる寄席形式の落語会「芸協らくごまつり 伊勢おかげ寄席」を同市内で毎年秋に開催することで合意した。知名度の高い観光地を落語の発信拠点にしたいと考える芸協と、新たな観光資源を求めていた同市の思惑が一致し、共催が実現する。

 江戸時代、伊勢神宮への参拝の旅は多くの庶民を魅了した一大レジャーだった。「お伊勢さん」を目指す道中の様子を面白おかしく描いた落語も多い。

 芸協と伊勢市は来年1月に協定を締結する。協定では、芸協側が落語会に加え「笑い」をテーマにした観光振…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文571文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです