メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコしたたか外交 対米関係改善、露とも連携密に

G20首脳会議でロシアのプーチン大統領(右)と握手するトルコのエルドアン大統領=アルゼンチン・ブエノスアイレスで12月1日、AP

 【エルサレム高橋宗男】トルコが外交巧者ぶりを発揮している。特に最悪レベルといっていいほど冷え切っていた米国との関係は秋以降、急速に改善した。その一方で、米国が敵対するイランやロシアとも連携を密にし、中東地域での存在感を増している。

 トルコ経済は今年8月、米国の制裁により通貨リラが暴落、大打撃を受けた。その要因は2016年のクーデター未遂に絡んでテロ組織を支援したとして拘束、軟禁した米国人牧師の処遇だ。米国が即時解放を求める一方、トルコはクーデター未遂の「黒幕」とする米国在住のイスラム教指導者ギュレン師の引き渡しを要求。真っ向からぶつかり合った。

 トルコは10月、牧師を釈放。トランプ米政権が翌月に中間選挙を控えており、牧師の帰国を支持者にアピールしたいとの思惑を巧みにすくい取った。その後、トルコ閣僚に科された米国内資産凍結の制裁は解除され、トルコ経済は一息ついた。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです