メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍シリア撤退でクルド人苦境 ISとトルコからの脅威増す

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いを続けてきたシリアからの米軍撤収を決めたことで、米国の武器支援を受けてきた少数民族クルド人勢力が苦境に立たされている。ISに単独で立ち向かう必要性だけでなく、トルコからの脅威に、より直接的にさらされることになったためだ。

 クルド人勢力は、シリア内戦ではアサド政権と反体制派の双方から距離を置き、ISとの戦闘に集中。米国はクルド人の民兵組織を支援してきたが、トランプ氏は今月、「ISを打倒した」として米軍撤収を発表した。

 だがISの残党はシリアとイラクに「今も2万人以上」(国連)との推計があり、「クルド民兵単独でのIS掃討は困難」(中東専門家)との見方も根強い。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです