リンゴ「止め市」威勢良く 今年産、高値続く上々の取引

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年最後の取引が行われた止め市=青森県弘前市の弘果弘前中央青果で2018年12月28日、藤田晴雄撮影
今年最後の取引が行われた止め市=青森県弘前市の弘果弘前中央青果で2018年12月28日、藤田晴雄撮影

 今年のリンゴ取引を締めくくる「止め市」が28日、青森県弘前市の弘果弘前中央青果であった。今年産は黒星病や相次ぐ台風など生産条件は厳しかったが、高値が続く上々の取引となった。

 止め市には、生産者や買参人計約1000人が参加。手締めをした後、取引が始まり、場内に競り人の威勢の良いかけ声が響いた。

 この日、上場されたのは1万4641箱(1箱20キロ)。価格は、袋をかけ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集